戸建サービスメニュー

バリアフリー

バリアフリーイメージ

バリアフリー住宅という言葉は一般的に、「障壁のない住宅」という意味があります。体に障害を持つ人やお年寄りが生活しやすいように設計された住まいのことを指します。

日常生活でお年寄りや体に障害を持つ人が家族の支援なしでも自立的に行動ができるよう、精神的にも物理的にも障害の少ないリフォームを心掛けましょう。

 

リフォームのポイント

【和式トイレを洋式トイレに】

バリアフリー対応ということで、手すり付きのトイレにリフォーム可能です。

 

【床・階段・バスルーム】

移動の際にお年寄りの体に負担が掛からないように、手すりを設け、床などもすべりにくい構造にすることが大切です。
バリアフリー完全対応のバスルームなどにもリフォームできます。

 

【スロープ】

バリアフリーと言うと、内装に気を取られがちですが、実際は玄関などをはじめとした、普段は気にもしないところに、多くの段差が存在します。 そういった箇所をスロープにすることで、お年寄りの負担が軽減されます。
車椅子はもちろん、歩行者にも転倒の危険がある玄関や外回りを、もう一度見直し検討してみましょう。

リフォームの流れを見る
ページのトップへ